« インターンシップ8日目~人間味のある仕事とは~ | トップページ | インターンシップ10日目 »

インターンシップ9日目

 今日は明日の発表の資料図づくりと発表練習を行った。そこで気づいたことは、作業が『できる』からといって、作業を他人に『教えられる』わけではないということである。私たちは今まで担当の先生の指示してくださった注意点やポイントを意識しながら作業をしていました。そのため、二週間前とは比較にならないほど素晴らしい作品を作り上げることができる。しかし、誰かに教えるという立場になる場合、ただ作品を作れるだけの技術・知識では全く足りないのである。理由は二つある。

 一つ目は、知識の整理が全くできていないことである。私たちはこの二週間で、多くの知識を学ぶことができた。しかし、ただ知識を詰め込んだだけなので、その知識の中で何が重要で、どのような優先順位で実行しなければならないのかまで理解できていないのである。

 二つ目は、学んだ技術がどんなものかを自分の言葉に変えられるほど習得していないためである。そのため誰かに質問された場合、どうしても『多分~だと思う』や『~だったはず』といったように、曖昧な返答になってしまうのである。

 このようにできることと、教えることには大きな違いがある。それを自分で実感するために今回の発表があるといっても過言ではない。校長先生が次のようなことを仰っていた。

「教わってそれで終わりというのが一番良くない。学んだ知識は誰かに教えることができるようになって初めて自分の知識になる。」

 まさに今回の私たちに足りない部分である。明日でインターンシップは最後であるが、発表を通して、二週間で学んだ知識を「本物」の知識にできるように、精いっぱい頑張りたいと思います。

|

« インターンシップ8日目~人間味のある仕事とは~ | トップページ | インターンシップ10日目 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

授業担当のVXです

校長からの話と重なって、いい気付きがありましたね。

明日の発表は、受講者もフォローしてくれるはずです。
教職課程を学んでいる学生として、良い体験になり、今後に繋がるように、BESTを尽くしてください。

投稿: VX | 2009年8月14日 (金) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1252390/30950922

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ9日目:

« インターンシップ8日目~人間味のある仕事とは~ | トップページ | インターンシップ10日目 »